プロティンダイエットの効果はどれくらい?

プロテインダイエットの効果については、実践しようか迷っている人にとってとても気になることだと思います。

では、プロテインダイエットで本当に痩せることができるのでしょうか?また、プロテインダイエットの効果はどれくらい優れているのでしょうか?

まず、ダイエットの基本はカロリーコントロールにあります。運動が苦手でカロリーを消費できない人の場合、食事制限でカロリー制限するのが痩せる基本です。

プロテインダイエットは置き換えダイエットの一種なので、食事制限でカロリーを制限するダイエット方法となります。

例えば650kcal摂取していた夕食をプロテインダイエット(180kcal)に置き換えたとしましょう。この場合は1日当たり470kcalのカロリー制限ができます。

もし間食などせずにこのペースを維持してダイエットを継続できれば、約16日で1キロの体重を減らすことができます。

1日に2食をプロテインダイエットに置き換えた場合、体重が落ちるペースは2倍になり、約8日で1キロの体重を落とせます。

プロテインダイエットが他の食事抜きや置き換えより優れている点は、置き換えと同時にプロテイン(たんぱく質)を補えることです。

プロテインは筋肉を作る材料です。また、基礎代謝が低下する原因は、無理な食事制限によって体の筋肉が減ってしまうことだと言われています。

基礎代謝とは日常生活で(運動をしなくても)勝手に消費される消費カロリーのことで、基礎代謝が高ければ1日消費カロリーが増えてダイエットが有利になります。

プロテインダイエットとは、ダイエットするついでにプロテインを補うことで、筋肉の減少を防いで基礎代謝を低下させない(維持する)ような効果を期待されている置き換え食品です。

しかし、体の筋肉はプロテインを補うだけで維持できるほど単純なものではありません。

例えば骨粗しょう症対策でカルシウムを補った場合のことを考えてみましょう。ただカルシウムを補うだけでは骨は補強されません。運動をしながらカルシウムを補った場合にだけ骨が補強されます。

要するに運動をして骨に負荷をかけることで骨が発達する基礎的な条件ができ、この時にカルシウムを補っていれば骨が補強されるわけです。

体の筋肉に関しても同様です。運動をして負荷をかけていない限り、プロテインをいくら補っても尿や便として排出されて全く無意味になります。

ということは、プロテインダイエットはごく普通の置き換えダイエットと、基本的にダイエット効果が異なるものではない、ということです。