下半身太りで太ももが太い。黒酢ダイエットの結果…

下半身太りのせいで太ももが太く、ウエストの贅肉もなんとかしたいと思っていました。接客業から転職して大手メーカー事務職についた頃から少しずつ体型が変わっていきました。

接客業に就いていた時は、お客様の目がありますので常に緊張感があり、外見や髪型に気を使っていましたがメーカー事務は一度会社に入ってしまうと職場の人としか顔を合わせませんし緊張感が抜けてしまったのでしょうか。

座りっぱなしということもあり、下半身が一回り大きくなり、持っているボトムが少しずつきつく感じました。

職場ではストッキング・制服というきまりがあったので、着替えやすいワンピースなどを着用することが増えていた時、世の中でスキニージーンズが流行り始めました。

さっそく欲しくなり試着をしてみると、ジーンズが細身なので太ももが圧迫され、そのあおりを受けて無駄な贅肉がウエストの上に乗り上げてしまい、とてもじゃないけど動ける状態ではありませんでした。

もともと冷え症で新陳代謝も悪いのか、一度増えてしまった体重は落ちづらく悩んでいたところ、各種メディアで黒酢ダイエットというものを目にしました。

刺激が強いので空腹時を避けるように朝食後夕食後に小さなおちょこに一杯の黒酢を飲みました。実際は大さじ2~3杯が適量のようですが味に慣れるまでは少なめでやってみました。

会社までは最寄駅のひとつ前で降りて20分ほどウォーキングをするようにしました。

思ったほどの体型の変化はなく、もともとあまり運動量の多い生活でもないのでなかなか体重は落ちませんでした。

基礎代謝があがっているという実感もあまりなく、某芸能人の人のように劇的な変化は見られませんでした。もっと長期間続けられたら良かったのです。

長続きしなかった原因としてはまず、私の口が黒酢の味に全く慣れることができなかったことです。

薄めて飲んだほうが良いと聞き、おちょこ一杯の黒酢をコップ一杯の水で薄めて飲んでもみましたが、どうしても受け付けませんでした。

運動をする時間がないという人でも、朝少量の酢を飲む時間は取れると思います。

毎朝毎晩ただ大さじ2杯の黒酢を飲むだけというのはとても手軽だし、低価格で気軽に始められるのも良いところではないでしょうか。

さらにダイエットに失敗しても普段のお料理に使うこともできて無駄がありません。

ただ調理でも瓶一本の酢を使いきるにはとても長い時間がかかるのに、一週間で一本くらいただ飲むというのは、とても大変です。

黒酢というのは普通の酢よりもクセもあるし、まず、酢は飲み物ではないので喉を通らなくなっていきます。

気軽に代謝を上げてほっそりとした体型になってスキニージーンズをはきこなしたいと思ったのに、太ももとウエストのサイズは変わらず、今はのびのびのレギンスとワンピースですごしています。

スキニージーンズとハイヒールで軽やかに歩く女性を見るととてもうらやましくなります。最近同じスキニーでもハイウエストのものも流行ってきましたが着こなす日はこないと思います。

A.Tさん(30代/156.5cm/主婦/神奈川県)