バナナダイエットで2キロ痩せて食事を戻したら体重も戻った

N.Kさん(30代/152cm/主婦/群馬県)

出産後、下腹部とお尻のお肉がなかなか落ちなくなってしまいました。ズボンやスカートもマタニティのままで、妊娠前に来ていた服などとても入らなくなってしまいました。

食べる量を減らしても運動してもなかなか贅肉は落ちませんでした。他のお母さんたちは出産後、体型も元に戻っているのに、なぜ?という悲しい気持ちになりました。

食事に気をつけても、運動しても思うように体重はへらず、体型も下半身デブのまま。このままではいけないと思うようになりました。

知人がバナナを食べるだけでダイエットしていると聞き、バナナなら食べやすいしエネルギー効率もいいので、無理なく痩せられるのではと思いました。

バナナは便秘にもいいと聞いたことがあるので、体にも良さそうだと始めてみました。

バナナは糖質が多いので、食事中の炭水化物と置き換えるつもりで、お米やパンの代わりにバナナを食べることから始めました。慣れてきたら、タンパク質と脂質も量を減らしていきました。

夜遅い時間に食べることは避け、できるだけ寝る三時間以上前には食事を終えるようにしました。

ご飯をバナナに置き換えても目立った変化はないままでした。

食事の量を減らすようになって二週間ほどで一キロ弱体重が減り、おなか周りも少しくびれができてきたように見えましたが、ウエストサイズはかわらずでした。

その後さらに二週間続けてもう一キロ弱減りましたが、食事をもとに戻したところ、体重も元に戻ってしまいました。

バナナには食物繊維がふくまれているので、便秘改善には効果があるようですが、糖質も多いためダイエットには効果が期待できないようです。

食べてはいけないという厳しさがなく、バナナもおいしいので長くつづけられる。三食食べられるのはダイエットの辛さが少ないです。

完全にバナナだけしか食べないというのは無理があり、ご飯の量を減らすとタンパク質や脂質など他のものを代わりに多く食べてしまうことになると、ダイエット効果はあがらないです。

バナナを大量に買い込んで、意気込んで始めましたが、バナナが黒く傷む一方で私の体重は変わりませんでした。体型も変わらず、いまだにマタニティを着て過ごしています。

スーパーでバナナを見るたびに悲しくなります。

やはり、美味しくダイエットというのは難しいと痛感しています。このまま中年太りに突入して、ずっとこのままの体型かもしれません。